スライドバーを表示

Regions

Photon Cloudを利用すれば、世界中で低レイテンシのゲームを可能にするためのグローバルな接続が可能になります。

#

Photon Cloudは、複数のリージョンにサーバを設置しています。これらは世界各地のホスティングセンターに設置されています。

各Photon Cloudリージョンは「リージョントークン」で区別されます。

Connectメソッドでリージョントークンをクライアントに渡すには lbClient.ConnectToRegionMaster(regionCode)を呼びます。

利用可能なリージョンとトークン:

リージョンホストされている場所トークン
アジアシンガポールasia
オーストラリアメルボルンau
Canada, EastMontrealcae
ヨーロッパアムステルダムeu
日本東京jp
South AmericaSao Paulosa
USA, EastWashingtonus
USA, WestSan Joséusw

How to choose a region

Photon Cloud USリージョンに接続されている米国のユーザーが最小の遅延を持つリージョンを選択するのは簡単です。

しかし、世界中にユーザーがいる場合 はどうでしょう?

次のことができます

  • a) ゲームクライアントに異なるPhoton CloudのリージョンをPingさせて、最も良いPingのものを事前に選択し、当社のハウツーを読む
  • b) 異なるリージョンのユーザーが異なるPhoton Cloudに接続できるようにリージョン特定のクライアントバージョンを配布する
  • c) ゲームのメニューの中から、一致するリージョンをユーザーが選択できるようにする

    d) ゲームプレイでより高いレイテンシーが許容可能な場合、すべてのユーザーを同じリージョンに接続させる。例:リアルタイム要素の少ないゲーム。

すべてのPhoton Cloudアプリは、追加料金なしで利用可能なすべてのリージョンで働いています。 料金を確認してください。

Photon Cloudのダッシュボードから、各リージョンのゲームの使用状況を監視し、簡単にサブスクリプションプランをアップグレードまたはダウングレードすることができます。 ダッシュボードに移動。

最低レイテンシーでゲームを起動する方法

Photon Cloud Regions' Connect Flows
Photon Cloudリージョンに接続

最寄りのマスターサーバに接続

一般的なリージョンのマスターサーバアドレスを使用してマスターサーバに直接接続することは推奨されていません。 代わりに、使用しているSDKによって提供される、リージョンマスタに接続する方法を使用してください!

クライアントが接続する最寄りのリージョンが分かっている場合、リージョンのみを渡して接続することができます。

他のプラットフォームの場合、SDKのリストから各SDKおよびAPIのリンクを選択してください。

SDKは、要求されたリージョンのマスターサーバアドレスをネームサーバから取得して(図「Photon Cloudリージョンに接続」の1)、選択されたリージョンのマスターサーバに自動的に接続します(図「Photon Cloudリージョンに接続」の2)。

実行時にリージョンを選択する方法

プレイヤーに利用可能なリージョンのリストを示して選択してもらうなどの方法で、実行時にリージョンを選択したい場合は、まずネームサーバに接続する必要があります。次に、ネームサーバをクエリして現在使用可能なリージョンマスターサーバアドレスのリストを取得します(「Photon Cloudリージョンに接続」図の1)。

ネームサーバは、実際は利用可能なリージョン間で地理的に負荷分散されています。 これにより、マスタサーバアドレスを要求する際の時間を可能な限り低く保持します。

接続が成功すると使用可能なリージョンのリストを取得します。

マスターサーバーのリストを使用して、すべてをpingして最も低いレイテンシーのゲームプレイのための最善のリージョンを確認することができます。また、プレイヤーにリージョンを選択させることもできます。

クライアントがリージョンを決定した場合、そのリージョンのマスターサーバに接続します(「Photon Cloudリージョンに接続」図の2)。

最後に、ゲームのルームに参加するか、ルームを作成します(「クライアントをPhoton Cloudに接続」図の3)。

 ドキュメントトップへ