リージョン

Photon Cloudを利用すれば、世界中で低レイテンシーのゲームを実行するためのグローバルな接続が可能になります。 これは、様々なリージョンのサーバーをホスティングすることで実現されています。

利用可能なリージョンは、プロジェクトのライフタイムを通じて変更される可能性があるため、クライアントはPhoton ネームサーバーから最新のリージョンリストを取得します。

各リージョンは他のリージョンから完全に分離しており、バックエンドサーバーとフロントエンドサーバーから成ります。

利用可能なリージョンは製品ごとに異なります(Fusion、Quantum、Chat等)。 リージョン・ホワイトリストを使用すれば、クライアントがどのリージョンを利用可能かさらに定義することができます。

この製品のリージョンリストを以下に示します。

目次

利用可能なリージョン

Photon Cloudは、複数の地域にサーバーがあり、世界中の複数のホスティングセンターに分散しています。

Photon Cloudの各リージョンは、「リージョントークン」で認識されます。

「Connect」を呼ぶ前にリージョンを設定します:

chatClient = new ChatClient(this);
chatClient.ChatRegion = regionToken;
chatClient.Connect(chatAppId, chatAppVersion, new AuthenticationValues(userID));

利用可能なリージョンとトークンのリスト:

リージョントークン(またはコード)の文字列では、大文字と小文字が区別されません。:「EU」または「eu」のどちらも許容され、どちらも同じヨーロッパリージョンを指します。
リージョンホスティングされている場所トークン
アジアシンガポールasia
ヨーロッパアムステルダムeu
アメリカ(東)ワシントンD.C.us

トップに戻る

ダッシュボードでのリージョンのフィルタリング

アプリケーションごとに利用可能なPhoton Cloudのリージョンのリストを、ダッシュボードからすぐにフィルタリングできます。

Photon Cloud: Regions Whitelist
Photon Cloudリージョンのフィルタリング

ダッシュボードを開き、該当のアプリケーションの「管理」をクリックしてから、「編集」をクリックします。 ホワイトリストに登録されたリージョンのリストを入力できる、入力フィールドが以下のように表示されます:

  • セミコロンで区切られたリージョントークン(例:「eu;us」)の文字列のみが、リストとして許可されます。
  • リージョントークンは大文字・小文字が区別され、こちらで定義されます。
  • 定義されていない、または認識されていないリージョントークンはリストから無視されます。
  • 空 (「」) または不正な形式の文字列(例 「;;;」)は空のリストを意味します。
  • 空のリストとは、利用可能なすべてのリージョンが許可されていることを意味します。

確認して保存すると、それ以降はネームサーバーはフィルタリングされたリージョンのリストのみを返します。 このため、クライアントはそのリストから選択する必要があります。 ダッシュボードの更新が反映されるには、最大で10分間かかる点を考慮してください。

トップに戻る

リージョンの選択方法

アメリカにいるユーザーはPhoton Cloud USリージョンに接続すると、最低レイテンシーとなります。非常に明快です。

では、世界中 にユーザーがいる場合はどうでしょうか?

以下のいずれかを選択できます。

  • a) ゲームクライアントに様々なPhoton Cloudリージョンへpingを送信させ、最適なpingをあらかじめ選択する。 手順を参照してください。
  • b) リージョンにひもづくクライアントビルドを配信し、様々なリージョンのユーザーが他のPhoton Cloudリージョンに接続できるようにする。 または
  • c) ゲームのUI内で、マッチングするリージョンをユーザーに選択させる。

もしくは、 d) ゲームプレイで高レイテンシーが許容可能な場合には、すべてのユーザーに同一リージョンに接続させる(例:それほどリアルタイムでないゲームの場合)。

Photon Cloudアプリケーションは、追加料金なしですべての利用可能なリージョンで稼動します。 価格設定を参照してください。

Photon Cloudのダッシュボードでは、各リージョンでのゲームの利用状況をモニタリングでき、また簡単に購入プランのアップグレードまたはダウングレードを実行できます。 ダッシュボードに進む場合はこちらをクリックしてください。


ドキュメントのトップへ戻る