PUN Classic(PUN1とも呼ばれます)はPUNのはじめの主要バージョンです。         現在は、リファクタリングおよび機能拡張されたPUN2に切り替わっています。         新しいプロジェクトはPUN2をご利用いただき、また可能であれば既存のプロジェクトについてもPUN1からPUN2へ移行していただくよう強く推奨しています。 こちらをご参照ください: "移行情報". PUN Cloassicは今後数か月メンテナンスされます。       重要なバグの修正や新しいUnityバージョンのサポートは行いますが、新機能の追加はPUN2のみとなります。

TCPとUDPのポート番号

Photon Cloud

Photon Cloudに接続する際、APIによって、アプリケーションのプロトコルと目的に合わせて適切なポートに渡すことが必要な場合があります。 ほとんどの場合、ポート番号を考慮する必要はありません。 以下の表はPhoton Cloudで使用されるデフォルトのポートをプロトコルごと、およびサーバー接続ごとに示しています。

トップに戻る

プロトコルと目的によるデフォルトポート

ポート番号 プロトコル 目的
5058または27000 UDP クライアントからネームサーバー (UDP)
5055または27001 UDP クライアントからマスターサーバー (UDP)
5056または27002 UDP クライアントからゲームサーバー (UDP)
4533 TCP クライアントからネームサーバー (TCP)
4530 TCP クライアントからマスターサーバー (TCP)
4531 TCP クライアントからゲームサーバー (TCP)
19093 TCP クライアントからネームサーバー (安全なWebSocket)
19090 TCP クライアントからマスターサーバー (安全なWebSocket)
19091 TCP クライアントからゲームサーバー (安全なWebSocket)

ドキュメントのトップへ戻る