リージョン

Photon Cloudを利用すれば、世界中で低レイテンシーのゲームを実行するためのグローバルな接続が可能になります。

クライアントはまずネームサーバーに接続し、ネームサーバーは利用可能なリージョンのリストを提供します。 通常は「ベストリージョン」の選択が有効化されており、最低pingのリージョンが検知されてクライアントはこのリージョンに接続します(下図を参照してください)。

各リージョンは他のリージョンから完全に分離しており、リージョンはマスターサーバー(マッチメイキング用)とゲームサーバー(ルームのホスティング)から成ります。

Photon Cloud Regions' Connect Flows
Photon Cloudリージョンへの接続

以下は、利用可能なリージョンの完全なリストです。 クライアントが利用できるリージョンはダッシュボードで定義できます。

ベストリージョンの検討

「ベストリージョン」オプションは、決定的なものではありません。 リージョンにあまり差がない場合や、まったく同じping計算がされた場合には、「ランダム」になる可能性があります。

理論上は以下の設定が可能です: - 同一デバイスから、複数リージョンに対してまったく同じpingを設定します。同じネットワークに接続したクライアント上で異なるリージョンに接続する場合には、ランダムになります。 - 同じネットワークに接続した異なるデバイス上(または同じデバイス上で異なる試行を実行する)で、同じリージョンに対して異なるping値を設定します。

たとえば、「us」と「usw」(または「ru」と「rue」)の場合、オンラインリージョンのホワイトリストを使用してリージョンを選択するか、または明示的にリージョンに接続します。

利用可能なリージョン

Photon Cloudは、複数のリージョンにサーバを設置しています。これらは世界各地のホスティングセンターに設置されています。

各Photon Cloudリージョンは「リージョントークン」で識別されます。

「Connect」を呼ぶ前にリージョンを設定してください、

chatClient = new ChatClient(this);
chatClient.ChatRegion = regionToken;
chatClient.Connect(chatAppId, chatAppVersion, new AuthenticationValues(userID));

利用可能なリージョンとトークン:

リージョンホストされている場所トークン
アジアシンガポールasia
ヨーロッパアムステルダムeu
米国(東)ワシントンus

ダッシュボードでのリージョンのフィルタリング

アプリケーションごとに利用可能なPhoton Cloudのリージョンのリストを、ダッシュボードからすぐにフィルタリングできます。

Photon Cloud: Regions Whitelist
Photon Cloudリージョンのフィルタリング

ダッシュボードを開き、該当のアプリケーションの「管理」をクリックしてから、「編集」をクリックします。 ホワイトリストに登録されたリージョンのリストを入力できる、入力フィールドが以下のように表示されます。

  • セミコロンで区切られたリージョントークン(例:「eu;us」)の文字列のみが、リストとして許可されます。
  • リージョントークンは大文字・小文字が区別され、こちらで定義されます。
  • 定義されていない、または認識されていないリージョントークンはリストから無視されます。
  • 空 (「」) または不正な形式の文字列(例 「;;;」)は空のリストを意味します。
  • 空のリストとは、利用可能なすべてのリージョンが許可されていることを意味します。

確認して保存すると、それ以降はオペレーションGetRegionsはフィルタリングされたリージョンのリストのみを返します。 このため、クライアントはそのリストから選択する必要があります。ただし、クライアントは利用可能なリージョンに明示的に接続することも可能です。 ダッシュボードの更新が反映されるには、最大で10分間かかる点を考慮してください。

 ドキュメントのトップへ戻る