クイックスタート

プロジェクトのセットアップ

サンプルを実行するには、PhotonAppSettings で Fusion App Id を割り当てる必要があります。

まず、Photon Engine Dashboard で Fusion App Id を作成し、それを PhotonAppSettings (Fusion/Realtime Settings メニューから、もしくは直接 Assets/Photon/Fusion/Resources/PhotonAppSettings.asset を修正して)の App Id Fusion フィールドに貼り付けます。

PhotonAppSettings

トップに戻る

ゲームを始める

メニュー開始

Assets/TPSBR/Scenes にある Menu または Loader のシーンを開き、Play を押してください。

既存のゲームに参加するか、Create Game ボタンを押して新しいゲームを作ってください。クイックプレイボタンはMultiplayプラットフォームでのみ機能します。

トップに戻る

ゲームプレイデバッグ開始

任意のゲームプレイsceneを直接再生することができます。シーンに含まれる Standalone Manager GameObject が、開始するゲームの種類を決定します。スタンドアロン・マネージャー(Standalone Manager)の値を変更することで、好みの構成でゲームを実行することができます。

Standalone Manager

一つのエディターで複数のプレイヤーでゲームを始めるには、Multipeer Mode のセクションを確認してください。

トップに戻る

コントロール

キー アクション
W,S,A,D 動く
SPACE ジェットパックでジャンプ/スラスト
1,2,3 武器切り替え
4 グレネードを循環させる
Q 高速な武器切り替え
F インターアクト/武器を落とす(ホールド)
X ジェットパックの切り替え
E カメラ側の切り替え
マウスの左ボタン 発射
マウスの右ボタン 狙う
エンターキー カーソルのロック/アンロック(エディターのみ)
~ 高速移動の切り替え(エディターのみ)

トップに戻る

サーバの実行

コマンドラインからヘッドレスサーバーインスタンスとして Fusion BR を起動することができます。

コマンドライン引数

引数 説明
-host ホストを起動する
-dedicatedServer 専用サーバーを開始
-client クライアントを起動する
-deathmatch デスマッチモード開始(サーバー/ホストのみ有効)
-elimination エリミネーションゲームプレイモードを開始する(サーバー/ホストのみ有効)
-battleRoyale バトルロイヤルゲームプレイモード開始(サーバー/ホストのみ有効)
-region [STRING] カスタムPhotonリージョン(任意)、eu/us/usw/...
-extraPeers [INT] 同じプロセスで追加クライアントを開始
-serverName [STRING] ゲームリストにカスタムサーバー名を表示
-maxPlayers [INT] ゲームに参加できる最大人数
-sessionName [STRING] カスタムセッション識別子
-lobby [STRING] カスタムマッチメイキングロビー名
-scene [STRING] どのシーンを読み込むか(GenArea2|GenArea3|GenArea5|GenArea7)
-stripped 1つのプロセスで処理できるクライアント数を最大化するために、実行時の最適化を行います。
-ip サーバーがバインドするカスタムIPアドレス
-port サーバーがバインドするカスタムポート
-fps [INT] Application.targetFrameRateに指定された値を設定する。
-moderator モデレータの権限でゲームを開始する(公開ビルドでのゲーム作成とモデレータをコントロールできる)。
-dataPath カスタム出力ディレクトリのパス
-recordSession 現在のセッションのログとパフォーマンス統計の記録
-generateInput ランダムな入力を生成する。-stripped と組み合わせた場合のみ使用する。
-multiplay Multiplay Managerの起動
-backfill バックフィルサービスを利用する(既存のマッチにプレイヤーを参加させる、サーバーのみ)
-sqp サーバークエリプロトコル(SQP)の使用
-matchmaking Unity Matchmakerを利用する
-queueName [STRING] カスタムマッチメーカーキューの名前

ローカルヘッドレスサーバーのコマンドライン引数の例。

FusionBR.exe -batchmode -nographics -dedicatedServer -logFile DeathmatchServer.txt -deathmatch -maxPlayers 60 -scene GenArea3 FusionBR.exe -batchmode -nographics -dedicatedServer -logFile BattleRoyaleServer.txt -battleRoyale -maxPlayers 200 -scene GenArea7

トップに戻る

マルチプレイ

Fusion BRMultiplay プラットフォームでホストするための準備が整っています。プロジェクトに含まれるMultiplayのガイドに従ってください。

トップに戻る

プロジェクト構成

アセット

パス 説明
3rdParty/ サードパーティーアセット
Photon/ Fusion ライブラリおよびアドオン
TPSBR/ サンプル固有のファイル、スクリプト、派生アセット
Extras.zip プロファイリングのための追加ツール

トップに戻る

シーン

シーン 説明
Loader 初期シーン、ミニマル(読み込みが速い)、コマンドライン引数のチェック、メニューまたは特定のゲームプレイシーンへの読み込み
Menu デフォルトのメニューシーン
LoadingScene メニューとゲームプレイのシーンをフェードアウトさせる読み込み画面のあるシーン
Game デバッグと機能反復のための小規模な静的テストシーン
GameplayUI ゲームプレイUIが独立したシーンで、追加的に読み込まれます。
GenArea2 20人用の小型マップ、実行時に生成されます。
GenArea3 60人用中型マップ、実行時に生成される
GenArea5 実行時に生成される120人分の大型マップ
GenArea7 200人分の超大型マップを実行時に生成
GenArea2~GenArea7 の違いは、NetworkGame オブジェクトに設定されたレベル生成の値のみです。詳しくはレベル生成の項を参照


ドキュメントのトップへ戻る