Photonを5分で開始

Photonのインストールと起動は非常に簡単です。SDKにはすぐに使用できるバイナリが含まれているので、5分で利用が開始できます。

次の動画でPhotonを取得して開始するステップを説明します。

動画の説明とは異なり、ほとんどのクライアント(PUN, LoadBalancing)ではLoadBalancing (MyCloud)設定を起動する必要があり、使用するのにGame Server IP Addressを設定する必要があります。下記を参照。

ダウンロードと展開

Photon Server SDKはウェブサイトのダウンロードページから取得できます。

Server SDKは自己展開で実行されます。これで、含まれる.dllファイルが解凍ツールによりuntrustworthy(信頼性がない)とフラグされることがなくなります (インターネットからダウンロード => 好ましくない)。

サーバパッケージはどこに展開しても良いですが、事前に準備したからのフォルダが理想です。展開すると複数のフォルダが作成されます。

deployフォルダにバイナリが含まれます。これはPhotonを起動するのに必要な最低限のものです。doclib, src-server(アプリケーション)フォルダは開発用です。

Photonの起動

"deploy"フォルダにはアプリケーション(Basic Conceptsを参照)毎のフォルダと、binから始まるいくつかのフォルダが含まれています。次のうちのどちらかを開いてください:

  • bin_Win32: Windows Vista以上
  • bin_Win64: 64 bit Windows Vista以上

どちらかのファイルに、実際のPhoton実行可能ファイルがあります。これはコマンドライン引数で開始することができます。また、PhotonControlを使用することもできます。

PhotonControl.exeを起動してこのアプリケーションのadmin権限を確認してください。PhotonをServiceとして設定するオプションに必要です。

tray-barアイコンを確認してください(デフォルトで右下)。白/グレーのアイコンをクリックしてPhotonを制御するメニューを開いてください。Photonインスタンス(下記で説明)からLoadBalancing (MyCloud) を選択して"Start as Application(アプリケーションとして起動)"を実行。これでPhotonを起動できました!

Photon Server Screenshot: Photon Control
Photon Control: Start "LoadBalancing (MyCloud)" as application

実行するアプリケーションによってはPhotonが操作可能になるまで数秒かかる場合があります。既存のPhoton Controlはサーバをシャットダウンしません。

ライセンスを適用するまで、Photonのconcurrent connection(同時接続)は20に制限されます。詳しくはライセンス ページをご確認ください。

Photon インスタンス

PhotonはApplicationsをゲームロジックとして実行するよう設計されています。クライアントが出来ること・出来ないこと(マッチメイキングの際など)を定義します。Applicationsは個別のタスクに対して協同的に実行します。

Photonは二つの別個の構成で提供されています:

  • LoadBalancing (MyCloud) が推奨の設定です。Photon Cloud と PUNに互換性があります。
  • Default は開発を始める際に便利なシンプルなワンサーバの方法です。
LoadBalancing (MyCloud)はいくつかの設定が必要です。デフォルトでは、同じマシン上のクライアントしか使えません。LoadBalancingの設定方法は以下をご確認ください。

LoadBalancing (MyCloud) と Game Server IP の構成

PUN 又はLoadBalancing Apiのクライアントの場合、LoadBalancing (MyCloud)を開始することをお勧めします。

実際、この設定はMaster Server と Game Serverの二つの異なるPhoton Applicationを起動します。新しいルームが作成されるとMaster ServerはGame Serverを選択してクライアントをそこに転送します。

デフォルトで、同じマシン上のクライアントのみGame Serverに到達することができます。シミュレーションされたモバイル端末でも、事前のGame Server IP Configをしないと失敗するので、ルームを作成することはできません。

PhotonControlメニューからGame Server IP Configを選択してください。PubllicまたはlocalとマークされたホストマシンのIPアドレスがリストとして表示されます。どれか一つを選択してください。

Autodetect publicのエントリーにより、Photon起動時にサーバがpublic なインターネットIPを検知します。

ローカルIPを使用するということは、同じローカルネットワークのクライアントしか接続できないということです。インターネット上のプレイヤーが接続してゲームに参加できるようにするには、パブリックIPを使用する必要があります。

サーバがLAN環境でクライアントがWiFiの場合、別のネットワーク上にある可能性があります。クライアントがサーバに接続できない場合、ルータの設定でWiFiとLANの接続が許可されていることを確認してください。全てのデバイスが同じIP範囲にあることを確認してください。

IPは静的でない限り変更することがあるので注意してください。

ローカルネットワークIPでもパブリックIPでも、ファイヤーウォール, ルータ, スイッチの設定が必要です。ハードウェアやソフトウェアの種類は多数あるので、サポートはできかねます。最も簡単な設定では、複数のテストマシンが同じスイッチ/ルータで接続されます。

Game Server IP AddressはPhoton.LoadBalancing.dll.configというファイルの中に保存されています。手動で編集することもできます。

テストクライアントの起動

サーバSDKには、複数のクライアントをシミュレーションして負荷を発生させるテストクライアントが含まれています。PhotonControlメニューから起動することができます。開始したアプリケーション設定:Run test clientの最後のアイテムです。

テストクライアントは数プレイヤーずつのゲームやクライアントセッションをシミュレーションするシンプルなコンソールアプリケーションです。

Photon Server Screenshot: Test Client

ライセンス情報

PhotonControlは起動時に.licenseファイルのいくつかの値を読み込みます。メニューからCCUや有効期限などを確認するにはメニューのLicense Infoを選択してください。.licenseファイルを置き換えた場合、新しい値に変更するためにPhotonControlを再起動してください。

サーバログにはライセンスに必要な値が含まれます。

Licenses ページを参照

 ドキュメントのトップへ戻る