Photon 4の新機能

HiveLiteの改良版

Photon 3では、ゲームサーバのコアフローはLiteに実装されていましたが、Photon 4ではHiveに実装されています。 サーバサイドのコーディングの概念を導入するための良いデモですので、LiteはPhoton Server SDKの一部として残しています。 しかし、LoadbalancingHiveを継承するようになりました。 HiveはClient SDKに後方互換性があり、機能セットを継承します:

  1. アクティブ/非アクティブアクター、PlayerTTL、ReJoin - プレーヤーが切断した後、戻る(再入室)ことが許される時間の長さ
  2. EmptyRoomTTL - 最後のプレイヤーが切断した後、ルームがメモリに保持される時間の長さ
  3. ゲーム状態の連続性 - 状態の保存および読み込みを可能にする
  4. UserIdの確認 - ルーム内の各アクターは、固有のUserIDを所有する必要がある。
  5. プラグイン。
  6. イベントキャッシュスライス。

プラグイン

プラグインもまたPhoton Serverや特にPhoton Enterprise Cloudにおいて重要です。 The manual (/en-us/onpremise/current/plugins/manual)を読めば新しいPlugins SDKについて全てを学ぶことが出来ます。

カスタム認証

Photon Cloudで可能なように、カスタム認証プロバイダーを用いてPhoton Serverを開発することが出来ます。 Photon Serverでのセットアップ方法はカスタム認証のドキュメントページ を参照ください。

IPv6への対応

Photon ServerはIPv6対応になりました。詳細についてはIPv6の説明ページを参照ください。

新しいパフォーマンスカウンタ

Photon Serverの新しいパフォーマンスカウンターがリリースされました。 Photonカウンターの専門のページを参照ください。

ウェブソケットサポート

Photon Serverはウェブソケット対応になりました。 安全なウェブソケットのセットアップはこちらのハウツーページを参照ください。

Photon Dashboardの終了

バージョン4以降Photon ServerからPhoton Server Dashboardがなくなります。

Windows XP, Windows Server 2003以前のバージョンへのサポート終了

バージョン4から、Windows XPとWindows Server 2003以前のバージョンへのサポートを終了します。 Photon Serverを動かすために必要なスペックについては必要条件ページをご覧ください。

.NET フレームワークの3.5から 4.0へのアップデート

全てのPhotonプロジェクトは.Net フレームワークのバージョン4を使用します。バージョン3.5のサポートはなくなります。

 ドキュメントトップへ