IPv6

概念

IPv6への移行は避けられません。 AppleはIPv6ネットワークで作動するネットワーキングでないかぎり、App Storeへのサブミッションを受け付けません。詳細はこちらを確認ください。

ディベロッパーの中には、これを聞いて心配になる方々もいるかもしれません。Photonはこの状況に対応していますので ご安心ください。

IPv6への完全な切り替えには時間がかかります。 そのため、Photon CloudはIPv4とIPv6のクライアントからアクセスができます。 Photon CloudでIPv6を使用する場合は、適切な クライアントSDKバージョンをこのリストから使用してください。 自社環境でPhoton Serverをホスティングしている場合には、詳細な手順についてこちらのページを参照してください。

サポート対象のSDK

現在、以下のPhoton SDKがIPv6をサポートしています:

  • Photon Server SDK v4: バージョン4.0.28.x以降。
  • Photon Server SDK v3: バージョン3.4.31.10808以降。
  • Photon Native (C++/Objective-C) Client SDKs: バージョン4.1.x.x以降。
  • Photon .Net/Mono (C#) Client SDK: バージョン4.1.x.x以降。
  • PUN: バージョン1.73以降。
  • UnityはIPv6のバージョン4.7.2、5.1.5、5.2.5、5.3.4p4、5.4.0p1およびそれ以降。詳細は(Unityブログ記事)を参照してください。
    5.4リリースではIPv6サポートが破壊されています。

IPv6にDNS64/NAT64でテストを実施

ローカル環境で、Appleが推奨する手順を使ってテストをおこなうことを推奨します。

Macを使用したIPv6 WiFiの設定は、容易におこなうことができます。

 ドキュメントのトップへ戻る