Photon Steam認証

目次

アプリケーションのセットアップ

Steamは認証プロバイダとして簡単に追加でき、 追加はPhotonアプリケーションのダッシュボードから数秒で設定できます。

アプリケーションの「管理」ページに進み、「認証」セクションにスクロールダウンしてください。 新たな認証プロバイダをSteamに追加する場合、または既存の認証プロバイダを編集する場合には、以下の設定が必須です:

  • apiKeySecret: SteamパブリッシャーWeb APIのキーです。取得の方法はこちらを参照してください。
  • appid: SteamゲームのID。Steam Directの処理後(旧 Steam Greenlight)にこのIDを取得できます。
  • verifyOwnership:trueまたはfalseの値となります:認証の際に所有権の検証を有効化するかを設定します。 これによって、ユーザーが本当にそのゲームを所有しているか(ゲームを購入し、ライブラリにそのゲームを所有しているか)を検証できます。 有効化されている場合には、この手順はユーザーのセッションチケットを認証後に実行されます。 これを有効化すると、認証が遅延する可能性があります。このため、本当に必要な場合のみ有効化してください。
  • verifyVacBan: trueまたはfalseの値となります: 認証の際にValveのAnti-Cheat (VAC)を使用し、ユーザーが禁止されたか確認を設定できます。 詳細はこちらを参照してください。 これを有効化すると、認証が遅延する可能性があります。このため、本当に必要な場合のみ有効化してください。
  • verifyPubBan: Can be true or false: Whether or not to check if the user has been banned using a Publisher Ban during authentication.
  • verifyPubBan: trueまたはfalseの値となります:認証の際にPublisher Banを使用し、ユーザーが禁止されたか確認を設定できます。 詳細はこちらを参照してください。 これを有効化すると、認証が遅延する可能性があります。このため、本当に必要な場合のみ有効化してください。

クライアントコード

クライアントは、セッションチケットを取得するためにValveのSteamworks APIを使用する必要があります。 このチケットは、そのクライアントが有効なSteamユーザーであることの証明です。

Unityまたは.NETを使用している場合には、無料かつオープンなソースラッパーSteamworks.Net を使用できます。

チケットを取得

Steamworks APIを使用し、以下のコードでセッションチケットを取得してください。その後、そのチケットを16進暗号化UTF-8文字列に変換します:

// hAuthTicket should be saved so you can use it to cancel the ticket as soon as you are done with it
public string GetSteamAuthTicket(out HAuthTicket hAuthTicket)
{
    byte[] ticketByteArray = new byte[1024];
    uint ticketSize;
    hAuthTicket = SteamUser.GetAuthSessionTicket(ticketByteArray, ticketByteArray.Length, out ticketSize);
    System.Array.Resize(ref ticketByteArray, (int)ticketSize);
    StringBuilder sb = new StringBuilder();
    for(int i=0; i < ticketSize; i++)
    {
        sb.AppendFormat("{0:x2}", ticketByteArray[i]);
    }
    return sb.ToString();
}

チケットを送信

クライアントはユーザーのセッションチケット(16進暗号化UTF-8文字列に変換後)をクエリ文字列キー「チケット」の値として送信する必要があります。

loadBalancingClient.AuthValues = new AuthenticationValues();
loadBalancingClient.AuthValues.AuthType = CustomAuthenticationType.Steam;
loadBalancingClient.AuthValues.AddAuthParameter("ticket", SteamAuthSessionTicket);
// do not set loadBalancingClient.AuthValues.Token or authentication will fail
// connect

チケットをキャンセル

認証完了後に、チケットをキャンセルまたは無効化することを推奨します。

SteamUser.CancelAuthTicket(hAuthTicket);

 ドキュメントのトップへ戻る