server | v4 switch to v3  

Photon 4.0 - ファイナル

このページでは、一般向けにリリースされたPhoton 4での変更点を記載します。 プレリリースバージョンへのアーリーアクセスを持つエンタープライズユーザーに役立つか情報かもしれません。

Photon 4の内部について知りたい場合は、このページを参照してください 。

V4.0.29 変更ログ

  • Photon Server SDK: 4.0.29.11263
  • Photon Plugins SDK: 1.0.15
  • リリース: 2016年2月9日

Back To Top

Photonネイティブコア

修正:

  • PSCS-2563: CProtocolHandler::HandleData()内のCTCPWebSocketServer例外: リードバッファにスペースが残っていません。

Back To Top

V4.0.28 変更ログ

  • Photon Server SDK: 4.0.28.x
  • Photon Plugins SDK: 1.0.15
  • リリース: 2016年1月26日

Back To Top

Photon.SocketServer.dll

追加:

  • PSCS-2498: ApplicationBaseにCoreVersionとSdkVersionを追加。
  • PSCS-2533: ApplicationBase.CreatePeerFiberを追加。
  • PSCS-2532: initrequestでのusingIPv6フラグをサポート。 PeerBaseにプロパティSourceUsingIPv6(=initrequest.UsingIPv6)、LocalIPAddressIsIPv6、IsIPv6ToIPv4Bridgedが追加されました。 peer.IsIPv6ToIPv4Bridgedの場合には、Loadbalancingはホスト名を返します。

Back To Top

修正:

  • PSCS-2030: InitResponseObjectを返す対応を追加した際に発生するWebSocketの問題を修正。
  • PSCS-2376: ClientAuthenticationQueue - 例外の場合にはログを修正。パラメータURLをclientQueryStringParamtersにリネーム。
  • PSCS-2520: HttpQueue - ウィンドウカウンター例外により、レスポンスが欠落する問題を修正。

Back To Top

変更:

  • PSCS-2559: HttpRequestQueue - HttpRequestQueue - エラーメッセージ内でUriをログするようになりました。

Back To Top

Loadbalancing

追加:

  • PSCS-2532: initrequest内のusingIPv6フラグをサポートするようになりました。 PeerBaseにプロパティSourceUsingIPv6(=initrequest.UsingIPv6)、LocalIPAddressIsIPv6、IsIPv6ToIPv4Bridgedが追加されました。 peer.IsIPv6ToIPv4Bridgedの場合には、Loadbalancingはホスト名を返します。

Back To Top

修正:

  • PSCS-2261: VS13 + Win7のエラーデバッグを修正:「要求されたレジストリアクセスは許可されていません」。初期化時のnull参照を防止するための確認を追加。
  • PSCS-2512:「コレクションが変更されました」例外を修正。GameApplication:ファイバーにfiber.Disposeをキューに加えるようになりました。
  • PSCS-2514: 未処理の例外 - InstanceLifetimeがPerformanceCounterInstanceLifetime.Global.に設定されたPerformanceCounter。 HiveHostGameとWebRpcHandlerのインスタンスの初期化はApplication.Setupメソッドからおこなわれるようになりました。
  • PSCS-2539: HttpQueuePerformanceCounters: AdminRightsなしで最初にPhotonを起動。カウンター例外をトリガーします。
  • PSCS-2558: MasterServerConnectionBase/ServerStateManager - ワンタイムタイマーの誤った期間値を修正。

Back To Top

変更:

  • PSCS-2525: UnknownTypeMapper.csをPhoton.Common/Miskフォルダに移動。
  • PSCS-2526: Added and improved Logs.ログを追加し、改善。 HiveGame - 失敗を1箇所で処理するため、JoinFailureHandlerメソッドを追加。 HiveHostGame -異なる参加/作成の失敗に対する反応方法を更新。 Game - JoinFailureHandlerをオーバーライドし、マスターに参加の失敗を通知。新規でErrorMessagesを追加。 HivePeer - JoinStageが完了するまでゲームオペレーションを許可しない。また、JoinStageがConnectedでない場合、Joinオペレーションを許可しない。 HivePeerからの新たな要件を満たすよう、テストを修正。
  • PSCS-2529: RpcHandlerをWebRpcHandlerに改名。
  • PSCS-2530: removed unused ServiceStack libs.未使用のServiceStackリブを削除。

Back To Top

プラグイン

追加:

  • PSCS-2535: プラグインにより、EnvironmentVersion (HostVersion / BuiltWithVersion)へのサポートを追加。

Back To Top

V4.0.27 変更ログ

  • Photon Server SDK: 4.0.27.x
  • Photon Plugins SDK: 1.0.14
  • リリース: 2015年12月4日 
  • .NET Client SDK: 4.0.5.0

このリリースによる変更(RC5として知られるv4.0.26との比較):

Back To Top

追加:

  • PSCS-2506: WebSocketsとrHTTPで設定可能なホスト名を使用。

Back To Top

修正:

  • PSCS-2487: 認証なしのGameServer Executeを修正。
  • PSCS-2488: プラグインファクトリーが1回のみ作成されるよう修正。
  • PSCS-2489: SetPropertiesCASの参照をnullに設定。
  • PSCS-2490: 誤ったURLでユーザーがIPluginHost.HttpRequestを呼ぶ場合を修正。
  • PSCS-2496: 例外をログするよう確認し、Photon/Hiveが常にログされるようになりました。
  • PSCS-2500: Fixed inconsistency between counters in ActorManager.
  • PSCS-2500: ActorManagerのカウンター間の不一致を修正。
  • PSCS-2503: ClientAuthenticationQueue問題を修正。
  • PSCS-2492: UserId=nullを返すOp Authenticateの問題を修正。
  • PSCS-2493: サーバーが、同じトークンで2番目の認証要求に対して異なる応答を返す問題を修正。
  • PSCS-2494: roomOption.Pluginsが空の配列の場合の例外を修正。
  • PSCS-2499: 再帰的な構造をシリアル化する際の無限ループを修正。ネストされたコンテナのシリアル化のための再起レベルを導入。

Back To Top

変更:

  • WebhooksをWebhooks1.2に改名。クラウド上ではWebhooks1.2に相当します。 変更点はこのリンクから参照してください。
  • PSCS-2485: ExternalHttpCallFaildエラーを導入。

ドキュメントのトップへ戻る