This page is a work in progress and could be pending updates.
server | v5 switch to v4  

Photonを5分で開始

Photonのインストールと起動は非常に簡単です。SDKにはすぐに使用できるバイナリが含まれているので、5分で利用を開始できます。

Contents

手順

  1. ダウンロード: Photon Server SDKは弊社ウェブサイトのダウンロードページで入手できます。
  2. 展開: Server SDKは、自己展開実行ファイルとして提供されます。 これによって、内包されている「.dll」ファイルを解凍ツールが「信頼できない」とフラグするのを防止できます。 サーバーパッケージは任意の場所に展開できますが、事前に空のフォルダを準備するのが理想的です。
  3. ライセンスを取得: Photon Serverを実行するにはライセンスが必要です。 100CCUライセンスは、こちらで無料で取得できます。 ライセンスを取得し、「deploy\bin_Win64」にダウンロードします。 詳細情報は、ライセンスページを参照してください。
  4. PhotonControlを起動: 「PhotonControl.exe」を起動し、このアプリケーションの管理者権限を確認します。 この管理者権限は、Photonをサービスとしてセットアップするためのオプションに必要です。 トレイバーアイコン(デフォルトでは右下)を探します。 白/灰色のアイコンをクリックし、Photonを管理するためのメニューを開きます。 詳細情報はPhotonControlを参照してください。

  5. LoadBalancingインスタンスを起動: PhotonインスタンスからLoadBalancing (MyCloud)を選択し、「Start as Application」をクリックします。 Photonが起動されました。

    Photon Server Screenshot: Photon Control
    Photon Control: 「LoadBalancing (MyCloud)」をアプリケーションとして起動
    PhotonControlトレイアイコンが、Photonのロゴのような青色になったら、Serverの準備は完了しています。

  6. クライアントを接続: 任意のクライアントを、同じマシン上でサーバーにローカルで接続できます。 同じネットワーク、または別のネットワークからクライアントを接続したい場合には、さらにもう1つの手順が必要です。 IPアドレスの設定を参照してください。

Back To Top

SDKの概要

SDKには複数のフォルダがあります。

「deploy」フォルダにバイナリが含まれます。 これが、Photonを実行するうえで最低限必要となるものです。 これはPhotonを実行するのに最低限必要となります。doc、lib、src-server(アプリケーション)フォルダは開発用です。

Back To Top

Deployフォルダ

Photon Serverの実行に必要なものはすべて、「deploy」フォルダに含まれています。

Back To Top

バイナリ

バイナリフォルダとして、「deploy\bin_Win64」を参照します。 このフォルダには以下が含まれます:

Serverを起動するには、コマンドライン引数またはPhotonControlを使用します。

Back To Top

ツール

現在、「deploy\bin_tools」フォルダには便利なツールが含まれています:

  • 7zip: アーカイブ作成および展開ツールで、デバッグ情報ファイルの圧縮に使用します。
  • baretail: 無償版のログビューワーです。最新のログを参照するため、PhotonControlによって使用されます。
  • firewalltool: Windows Firewall内でPhotonに自動的にルールを設定するためのツールです。
  • perfmon: ファイルにカウンターロギングをセットアップした際に使用されるPerfMonカウンターのリストを含みます。 説明はこちらを参照してください。

Back To Top

アプリケーション

Photonにはアプリケーションごとに、バイナリフォルダとは別に個別のフォルダが必要です(例:「deploy\LoadBalancing」)。 アセンブリは「bin」サブフォルダに格納する必要があります(例:「deploy\Loadbalancing\bin」)。

アプリケーションは、PhotonServer.configにセットアップされます。

Back To Top

LoadBalancingインスタンス

Photonは「アプリケーション」をゲームロジックとして実行するよう設計されています。 クライアントが出来ること、または出来ないこと(例: マッチメイキングの際など)を定義します。 アプリケーションは様々なタスクに対して協同的に実行されます。

Photonにはデフォルトで LoadBalancing (MyCloud) アプリケーションが提供されます。これは推奨されるセットアップで、Photon CloudやPUNと互換性があります。

LoadBalancing (MyCloud)を起動すると、PUN、Photon Voice、Photon Realtime (「LoadBalancing Client API」としても知られています)でのクライアントを処理できます。

実際に、この設定は4つの個別のPhotonアプリケーションを起動します:ネームサーバーカウンターパブリッシャーマスターサーバー、そしてゲームサーバーです。 ネームサーバーは、マスターサーバーへのリダイレクトをおこないます。 カウンターパブリッシャーは、サーバーからのメトリックを監視および取得します。 新しいルームが作成されると、マスターサーバーはクライアントをゲームサーバーに転送します。

デフォルトでは、同じマシン上のクライアントのみがゲームサーバーに到達することができます。 あらかじめ「ゲームサーバーIPを設定」しないと、他のクライアントはルームを作成することはできません。

Back To Top

IPアドレスの設定

ローカルIP を使用すると、同じローカルネットワーク内のクライアントのみが接続可能です。 プレイヤーが インターネットから接続してゲームに参加するには、パブリックIPを使用する必要があります

サーバーがLAN上にあってクライアントがWiFiを使用する場合、これらは別のネットワーク上にある可能性があります。 クライアントがサーバーに接続できない場合、ルーターがWiFiとLANの接続を許可しているか確認してください。 すべてのデバイスが同じIP範囲にあることを確認してください。

静的なものでない限り、パブリックIPは変更される可能性があるため注意してください。

ローカルネットワークIPでもパブリックIPでも、ファイヤーウォール、ルーター、スイッチの設定が必要です。 ハードウェアやソフトウェアの種類は多岐にわたるため、残念ながら弊社はサポートを提供できません。最も簡単な設定では、複数のテストマシンが同じスイッチ/ルーターで接続されます。

Back To Top

マスターサーバーIPの設定

PhotonControlメニューで「Edit Nameserver.json」を選択します。 利用可能なノードの1つのフィールドで、IPアドレスまたはホスト名を設定します。 任意でリージョントークンを変更します。

Back To Top

ゲームサーバーIPの設定

PhotonControlメニューで「Game Server IP Config」を選択します。 ホストマシンのIPアドレスが一覧で表示されますので、「パブリック」または「ローカル」と マークします。 UPアドレスの1つを選択します。

「Autodetect public」に入力すると、Photon起動時にサーバーはパブリック インターネット IPを検出します。

ゲームサーバーのIPアドレスが「Photon.LoadBalancing.dll.config」という名前のファイルに保存されます。 これは手動でも編集可能です。

To Document Top