server | v4 switch to v3  

デバッグ

デバッグのためタイムアウトを無効化

Photon Serverとクライアントのデバッグを試みる場合、非常に速くおこなわない限りタイムアウトが発生します。 アプリケーションを一時停止すると、応答が届かないため切断されます。

Photon Serverを使用してデバッグをおこなう必要がある場合、これを回避する方法が1つあります:

Back To Top

クライアントのプロトコルをTCPに切替

PUNでは、TCPへの切り替えは、Inspectorの「PhotonServerSettings」で行います。 ホスティングを「Self Hosted」に設定してIP(またはアドレス)を入力し、ドロップダウンからprotocol TCPを選択します。 通常通りConnectUsingSettings()を使用します。

Back To Top

PhotonServer.configでタイムアウトを非有効化

関連するすべての「TcpListeners」でInactivityTimeout="0"に設定します。以下のようになります:

    <TCPListener
        IPAddress="0.0.0.0"
        Port="4530"
        InactivityTimeout="0">
    </TCPListener>

値「0」はタイムアウトがないことを意味します。他の高い値を設定できますー「InactivityTimeout」の単位はミリ秒である点に留意してください。

Back To Top

クライアントのタイムアウトを設定

PUNクライアントで、以下のように設定してください:

    PhotonNetwork.networkingPeer.DisconnectTimeout = 30000; // milliseconds. any high value for debug

ロードバランシングAPIにもとづくクライアントで、以下を設定してください:

    // in a LoadBalancingClient instance:
    this.loadBalancingPeer.DisconnectTimeout = 30000; // in milliseconds. any high value for debug

リリース前に必ず値を再設定してください。 デフォルトのクライアント切断タイムアウト値は、10,000ミリ秒です。

ドキュメントのトップへ戻る