server | v4 switch to v3  

3.4から4.0へのアップグレードガイド

主な変更点の概要

バージョン3.4から4.0への主な変更は、新しいピアクラスの導入です。

Photon 3では、ピアの2つの異なるクラスがありました:

  1. PeerBase: Photonクライアントとのすべてのインバウンド接続のベースクラス。
  2. ServerPeerBase: Photonサーバーとのすべての接続のためのベースクラス。

Photon 4では、これらの2つのクラスは適切に置き換える必要があります:

  1. ClientPeer: PeerBaseを置き換えます。
  2. S2SPeerBase: ServerPeerBase`を置き換える、ベースとなるサーバー間のクラス。
  3. InboundS2SPeer: 受信接続を許容するサーバー上のServerPeerBaseを置き換えます。

  4. OutboundS2SPeer: アクティブに接続を開始するサーバー上のServerPeerBaseを置き換えます。

Back To Top

InboundS2SPeerVsOutboundS2SPeer`

切断やエッジケースにより適切に対応するため、ベースのS2Sクラスは、2つのクラスに分割されます。

Photon Server A --> Photon Server B

  • Server Aで推奨される方法はOutboundS2SPeerを使用することです。 Server Aはアクティブに接続を初期化します。 Photon 3では、発信接続の設定に使用されるメソッドは、ApplicationBase.ConnectXXXファミリーのものでした。 これはv4でも可能ですが、新しいOutboundS2SPeer.ConnectXXXへの切り替えをお勧めします。 実際、ApplicationBase.CreateServerPeerをオーバーライドする必要はありません。 v4でのS2Sコードの詳細については、こちらのアップデートイントロを参照してください。

  • Server BではInboundS2SPeerを使用するべきです。 Server BはServer Aからのインバウンド接続をリッスンして待ちます。 InoundS2SBaseのコンストラクタがInitResponseパラメータを持つのはそのためです。

Photon v3 Photon v4 ピアのタイプ
PeerBase ClientPeer 他のエンドポイント上のクライアントと通信する必要のあるクラスはClientPeerから拡張するべきです。 
ServerPeerBase InboundS2SPeer 他のPhotonサーバーと受信接続を設定する必要のあるクラスは、InboundS2SPeerから拡張するべきです。 
ServerPeerBase OutboundS2SPeer 推奨される新しい方法は、別のPhotonサーバーと発信接続を設定する必要のあるクラスを作成する際、OutboundS2SPeerを拡張することです。
ServerPeerBase S2SPeerBase 別のPhotonサーバーと発信接続を設定する必要のあるクラスを作成する際のこれまでの方法は、S2SPeerBaseを拡張することでした。

Back To Top

ライセンスの更新とアップグレード

新しく購入したライセンスファイルを使用して、古いSDKのバージョンを使用する場合や、Photon SDKの新しい主要バージョンにアップグレードする場合は、本番環境に移行するより前に余裕をもって、そのライセンスでPhoton SDKが実行されることを確認してください。

これをおこなう上で最も簡単なのは、該当するライセンスファイルを使用するPhoton SDKフォルダに入れて、Photon Controlアプリケーションを介してPhotonを開始する方法です。 その後、トレイアプリに表示されるライセンス情報を確認し、さらにログを参照してライセンスエラーが無いかを確認します。

ドキュメントのトップへ戻る