server | v4 switch to v3  

ポリシーファイル

Unity Web PlayerやFlash、SilverlightなどのWeb Playerプラットフォームは、サーバーにコンタクトする前に認証をリクエストします。

crossdomain.xmlファイルを送信することで、Photonがこの権限を認可するよう設定することができます。

ポリシーリクエストに応じて送信される実際のファイルは以下からロードされます: \deploy\Policy\assets Silverlightには個別のファイルがあり、UnityとFlashもそれぞれ1つずつあります。

設定

PhotonServer.configでは、特定のポリシーファイルを返す「PolicyFileListeners」を指定できます。


    <!-- Policy request listener for Unity and Flash (port 843) and Silverlight (port 943)  -->
        <PolicyFileListeners>
          <!-- multiple Listeners allowed for different ports -->
          <PolicyFileListener
            IPAddress="0.0.0.0"
            Port="843"
            PolicyFile="Policy\assets\socket-policy.xml"
            InactivityTimeout="10000">
          </PolicyFileListener>
          <PolicyFileListener
            IPAddress="0.0.0.0"
            Port="943"
            PolicyFile="Policy\assets\socket-policy-silverlight.xml"
            InactivityTimeout="10000">
          </PolicyFileListener>
        </PolicyFileListeners>

Back To Top

ポート

ポリシーリクエストは通常、TCPポート843および943(Silverlight)上でバックグラウンドで処理されますので、 この2つがオープンになっている必要があります。これには、ソフトウェアおよびハードウエアのWindows Securityの設定や その他のファイウォールも含まれます。 Photonをクラウド環境にホスティングする場合には、セキュリティ設定も確認してください。 Amazon EC2にはポートへのアクセスを制限するセキュリティグループが含まれています。

ドキュメントのトップへ戻る