リージョン

Photon Cloudを利用すれば、世界中で低レイテンシーのゲームを実行するためのグローバルな接続が可能になります。

クライアントはまずネームサーバーに接続し、ネームサーバーは利用可能なリージョンのリストを提供します。 通常は「ベストリージョン」の選択が有効化されており、最低pingのリージョンが検知されてクライアントはこのリージョンに接続します(下図を参照してください)。

各リージョンは他のリージョンから完全に分離しており、リージョンはマスターサーバー(マッチメイキング用)とゲームサーバー(ルームのホスティング)から成ります。

Photon Cloud Regions' Connect Flows
Photon Cloudリージョンへの接続

以下は、利用可能なリージョンの完全なリストです。 クライアントが利用できるリージョンはダッシュボードで定義できます。

PUNでリージョンをセットアップ

ConnectToBestCloudServer(string gameVersion) クライアントを、最低pingのマスターサーバーに接続します。 すべてのPhoton Cloudマスターサーバーへのping送信の結果は、PlayerPrefに保存されます。

明示的に別のリージョンを「ベスト」として設定するにはOverrideBestCloudServer(CloudRegionCode region)を使用してください。

リージョンをPhotonServerSettingsアセット編集の一部としてセットアップできます。 リージョンへの接続は、PhotonNetwork.ConnectUsingSettings()を呼び出せば簡単におこなえます。

PUNを使用した追加セットアップは、初期設定ドキュメントを参照してください。

Photon Cloud Regions' Connect Flows
Photon Cloudリージョンへの接続

ベストリージョンの検討

「ベストリージョン」オプションは、決定的なものではありません。 リージョンにあまり差がない場合や、まったく同じping計算がされた場合には、「ランダム」になる可能性があります。

理論上は以下の設定が可能です: - 同一デバイスから、複数リージョンに対してまったく同じpingを設定します。同じネットワークに接続したクライアント上で異なるリージョンに接続する場合には、ランダムになります。 - 同じネットワークに接続した異なるデバイス上(または同じデバイス上で異なる試行を実行する)で、同じリージョンに対して異なるping値を設定します。

たとえば、「us」と「usw」(または「ru」と「rue」)の場合、オンラインリージョンのホワイトリストを使用してリージョンを選択するか、または明示的にリージョンに接続します。

利用可能なリージョン

Photon Cloudは、複数のリージョンにサーバを設置しています。これらは世界各地のホスティングセンターに設置されています。

各Photon Cloudリージョンは「リージョントークン」で識別されます。 クライアントの「Connect」メソッドでリージョントークンを渡すには、PhotonNetwork.ConnectToRegionMaster(regionCode, gameVersion)を呼びます。

利用可能なリージョンとトークン:

リージョンホストされている場所トークン
アジアシンガポールasia
オーストラリアメルボルンau
カナダ(東)モントリオールcae
中国本土(手順を参照してください)上海cn
ヨーロッパアムステルダムeu
インドチェンナイin
日本東京jp
ロシアモスクワru
ロシア(東)ハバロフスクrue
南米サンパウロsa
韓国ソウルkr
アメリカ(東)ワシントンus
アメリカ(西)サンノゼusw

ダッシュボードでのリージョンのフィルタリング

アプリケーションごとに利用可能なPhoton Cloudのリージョンのリストを、ダッシュボードからすぐにフィルタリングできます。

Photon Cloud: Regions Whitelist
Photon Cloudリージョンのフィルタリング

ダッシュボードを開き、該当のアプリケーションの「管理」をクリックしてから、「編集」をクリックします。 ホワイトリストに登録されたリージョンのリストを入力できる、入力フィールドが以下のように表示されます。

  • セミコロンで区切られたリージョントークン(例:「eu;us」)の文字列のみが、リストとして許可されます。
  • リージョントークンは大文字・小文字が区別され、こちらで定義されます。
  • 定義されていない、または認識されていないリージョントークンはリストから無視されます。
  • 空 (「」) または不正な形式の文字列(例 「;;;」)は空のリストを意味します。
  • 空のリストとは、利用可能なすべてのリージョンが許可されていることを意味します。

確認して保存すると、それ以降はオペレーションGetRegionsはフィルタリングされたリージョンのリストのみを返します。 このため、クライアントはそのリストから選択する必要があります。ただし、クライアントは利用可能なリージョンに明示的に接続することも可能です。 ダッシュボードの更新が反映されるには、最大で10分間かかる点を考慮してください。

中国本土のリージョンを使用

まず、Photonアプリケーション用に中国本土リージョンへのアクセスをリクエストする必要があります。 弊社宛にメールでご連絡ください。お客様のAppID用に解除します。
次に、弊社ウェブサイトでは中国本土リージョンで使用できる有償プランを購入することはできません。弊社宛にメールでご連絡ください。

ファイアウォールによってトラフィックがブロックされる可能性があるため、中国ローカルのPhotonネームサーバーを使用する必要があります。 中国のPhotonネームサーバーは「ns-cn.exitgames.com」 です。

中国本土外からクライアントに接続しても、良い結果は得られません。 また、Photonサーバーから中国本土外のサーバーへの接続(たとえば、カスタム認証、Webhook、WebRPCなどで)は信頼性が高くありません。

重要: ダッシュボードでアプリケーションに変更を加えた場合、現段階では中国のアプリケーションのキャッシュに自動的に反映されません。 アップデートをご希望の場合には、弊社宛にメールでご連絡ください。

法的な理由から、中国向けには個別のビルドが必要となります。また、弊社は各ビルドに個別のAppIDを使用することを推奨しています。 たとえば、ビルドごとに(任意の)コンパイル条件を使用してAppIDやPhotonネームサーバーを変更できます。

中国マーケット用に特殊なビルドを作成するには、お使いのクライアントSDKの手順を参照してください。

  1. 中国リージョンが解除されたアプリケーションにAppIDを設定します。 同一プロジェクト内で、複数のビルドが有る場合には以下を参照してください:
        void Awake()
    {
    // TODO: replace compile condition with your own
    #if CHINA
        PhotonNetwork.PhotonServerSettings.AppID = "ChinaPUNAppId"; // TODO: replace with your own AppId
    #else
        PhotonNetwork.PhotonServerSettings.AppID = "nonChinaPUNAppId"; // TODO: replace with your own AppId
    #endif
    }
  2. 「NetworkingPeer.cs」ファイルを開き、「ns-cn.exitgames.com」にNameServerHostを設定してください:
  3. 'CloudRegionCodeCloudRegionFlag`のenumを更新し、新たな「CN」(または「cn」)リージョントークンを以下のように追加してください:
  4. PhotonNetwork.ConnectToRegion(CloudRegionCode.cn, gameVersion)を使用して、中国本土リージョンに接続してください。

 ドキュメントのトップへ戻る