PUN Classic(PUN1とも呼ばれます)はPUNのはじめの主要バージョンです。         現在は、リファクタリングおよび機能拡張されたPUN2に切り替わっています。         新しいプロジェクトはPUN2をご利用いただき、また可能であれば既存のプロジェクトについてもPUN1からPUN2へ移行していただくよう強く推奨しています。 こちらをご参照ください: "移行情報". PUN Cloassicは今後数か月メンテナンスされます。       重要なバグの修正や新しいUnityバージョンのサポートは行いますが、新機能の追加はPUN2のみとなります。

アプリケーションとロビーの統計

Photon Serverはアプリケーションとロビー統計をクライアントにブロードキャストできます。 このデータを利用して、複雑なカスタムマッチメイキングシステムの実装が可能です。 またゲーム内でこれらの統計情報を表示して、ゲームの人気をアピールすることもできます。

アプリケーションの統計

Photonマスターサーバに接続すると、Photonクライアントはアプリケーションの統計を受信します。 クライアントがロビーに参加しているかどうかに関わらず、クライアントはAppStatsイベントを受信します。

アプリケーションの統計には以下が含まれます:

  • 稼働しているルーム数:

        PhotonNetwork.countOfRooms
  • ルームに参加していないプレイヤー数:

        PhotonNetwork.countOfPlayersOnMaster
  • ルーム内のプレイヤー数::

        PhotonNetwork.countOfPlayersInRooms
  • 接続しているプレイヤーの合計数::

        PhotonNetwork.countOfPlayers

    AppStatsイベントは、クライアントに5秒ごとに送信されます。

Back To Top

ロビーの統計

ロビーの統計は、複数のロビーを使用するゲームでアクティビティを表示したい場合に役立ちます。 ロビーの統計はリージョンごとです。

ロビーの型(名前と型)ごとに以下の情報を取得できます:

  • 稼動しているルーム数 
  • ロビーに参加しているプレイヤーの合計数、またはロビーのルームに参加しているプレイヤーの合計数

Back To Top

ロビーの統計を自動的に取得

ロビー統計イベントは、クライアントがマスターサーバーに認証されるとすぐに送信されます。 その後、これらのイベントは毎分送信されます。 ロビー統計イベントは、デフォルトでは有効化されていません。

PhotonServerSettingsで「Enable Lobby Stats」にチェックマークをつけて、サーバーからロビーの統計を取得してください。 この設定はPUN v1.60から実装されました。

PhotonNetwork.LobbyStatisticsにチェックマークをつけて、キャッシュされた統計を取得します。

UIのアップデートに役立つコールバックPunBehaviour.OnLobbyStatisticsUpdateもあります。

ドキュメントのトップへ戻る