PUN Classic (also called PUN1) is the original and first major version of PUN. It is now replaced by PUN2 which is refactored and enhanced. We highly recommend starting new projects with PUN2 and if possible migrating existing ones from PUN1 to PUN2 by following our "Migration Notes". PUN Classic will be maintained for the coming months. We will fix important bugs and support new Unity versions but new features will be added only to PUN2.

アプリケーションとロビーの統計

Photon Serverはアプリケーションとロビー統計をクライアントにブロードキャストできます。 このデータを利用して、複雑なカスタムマッチメイキングシステムの実装が可能です。 またゲーム内でこれらの統計情報を表示して、ゲームの人気をアピールすることもできます。

アプリケーションの統計

Photonマスターサーバに接続すると、Photonクライアントはアプリケーションの統計を受信します。 クライアントがロビーに参加しているかどうかに関わらず、クライアントはAppStatsイベントを受信します。

アプリケーションの統計には以下が含まれます:

  • 稼働しているルーム数:

        PhotonNetwork.countOfRooms
  • ルームに参加していないプレイヤー数:

        PhotonNetwork.countOfPlayersOnMaster
  • ルーム内のプレイヤー数::

        PhotonNetwork.countOfPlayersInRooms
  • 接続しているプレイヤーの合計数::

        PhotonNetwork.countOfPlayers

    AppStatsイベントは、クライアントに5秒ごとに送信されます。

Back To Top

ロビーの統計

ロビーの統計は、複数のロビーを使用するゲームでアクティビティを表示したい場合に役立ちます。 ロビーの統計はリージョンごとです。

ロビーの型(名前と型)ごとに以下の情報を取得できます:

  • 稼動しているルーム数 
  • ロビーに参加しているプレイヤーの合計数、またはロビーのルームに参加しているプレイヤーの合計数

Back To Top

ロビーの統計を自動的に取得

ロビー統計イベントは、クライアントがマスターサーバーに認証されるとすぐに送信されます。 その後、これらのイベントは毎分送信されます。 ロビー統計イベントは、デフォルトでは有効化されていません。

PhotonServerSettingsで「Enable Lobby Stats」にチェックマークをつけて、サーバーからロビーの統計を取得してください。 この設定はPUN v1.60から実装されました。

PhotonNetwork.LobbyStatisticsにチェックマークをつけて、キャッシュされた統計を取得します。

UIのアップデートに役立つコールバックPunBehaviour.OnLobbyStatisticsUpdateもあります。

To Document Top