PUN Classic (also called PUN1) is the original and first major version of PUN. It is now replaced by PUN2 which is refactored and enhanced. We highly recommend starting new projects with PUN2 and if possible migrating existing ones from PUN1 to PUN2 by following our "Migration Notes". PUN Classic will be maintained for the coming months. We will fix important bugs and support new Unity versions but new features will be added only to PUN2.

IPv6

概念

IPv6への移行は避けられません。 AppleはIPv6ネットワークで作動するネットワーキングでないかぎり、App Storeへのサブミッションを受け付けません。詳細はこちらを確認ください。

ディベロッパーの中には、これを聞いて心配になる方々もいるかもしれません。Photonはこの状況に対応していますので ご安心ください。

IPv6への完全な切り替えには時間がかかります。 そのため、Photon CloudはIPv4とIPv6のクライアントからアクセスができます。 Photon CloudでIPv6を使用する場合は、適切な PUNとUnityのバージョンが、こちらに表示されています. 自社環境でPhoton Serverをホスティングしている場合には、詳細な手順についてこちらのページを参照してください。

Back To Top

IPv6とPUN

弊社チームは、幅広いバージョンのUnityに対して最大限の互換性を保ちつつ、PUNがIPv6をサポートするよう日々努力を続けています。 この件に関する留意事項は以下のとおりです:

  • v1.73以降、PUN FreeとPUN+はIPv6をサポートします。
  • UnityはIPv6のバージョン4.7.2、5.1.5、5.2.5、5.3.4p4、5.4.0p1およびそれ以降をサポートします。詳細は(Unityのブログ記事)にて参照してください。
    5.4リリースではIPv6サポートが破壊されています。
  • PUNを独自のサーバーに接続するには、IPアドレスではなくホスト名を設定します。クライアントにIPv6アドレスを入力したい場合(もしくは入力する必要がある場合)、PUNでサポートされる正式なIPv6形式を使用している点を確認してください: [アドレス]:port. これらの括弧[ ]は、PhotonクライアントでIPv6アドレスを記載する場合に必須です。

Back To Top

IPv6にDNS64/NAT64でテストを実施

ローカル環境で、Appleが推奨する手順を使ってテストをおこなうことを推奨します。

Macを使用したIPv6 WiFiの設定は、容易におこなうことができます。

To Document Top