PUN Classic (also called PUN1) is the original and first major version of PUN. It is now replaced by PUN2 which is refactored and enhanced. We highly recommend starting new projects with PUN2 and if possible migrating existing ones from PUN1 to PUN2 by following our "Migration Notes". PUN Classic will be maintained for the coming months. We will fix important bugs and support new Unity versions but new features will be added only to PUN2.

PhotonラグシミュレーションGUI

PUNは、Photonクライアントの組み込みネットワークとラグシミュレーションを管理するための簡易的なGUIコンポーネントを含んでいます。 ネットワーク状態が比較的良好であれば、ラグと減少を加味したうえで最悪のコンディションを想定して、ゲームがどのように動作するかテストできます。

Usage 用途

シーンで有効化されたGameObjectにPhotonNetSimSettingsGuiコンポーネントを追加します。実行時にスクリーンの左上には現在のラウンドトリップタイム(RTT)とネットワークシミュレーションの管理が表示されます。

  • RTT: ラウンドトリップタイムはサーバーによってメッセージが受信されるまでのミリ秒単位の平均です。分散値(+/-のあとに付く)はRTTの安定性を表します(低い方が、より良い値です)。
  • "Sim" toggle: シミュレーションを有効化/無効化します。突発的で大きなネットワーク状態の変動は、切断の原因になる可能性があります。
  • "Lag" slider: すべての送受信メッセージに固定の遅延を追加します。ミリ秒単位です。
  • "Jit" slider: メッセージごとに「最大Xミリ秒」のランダムな遅延を追加します。
  • "Loss" slider: Drops the set percentage of messages. You can expect less than 2% drop in the internet today.
  • "Loss" slider: メッセージの設定パーセンテージを落とします。現在では、インターネット回線が落ちる確率は2%以下と予測できます。

To Document Top