Boltのアップデート

Boltのアップグレードについて、手順ごとに説明をおこないます。

Bolt 1.2.9以降へのアップグレード

  1. プロジェクトがバックアップされている点、またソースコントロールシステム(Git、SVN、Hg)にある点を確認してください。;
  2. Assets/boltおよびその他の Bolt に関連するファイルを削除します:
    1. Assets/Photon;
    2. Assets/samples;
    3. Assets/Plugins;
  3. Asset Storeから最新のBoltパッケージをダウンロードします。;
  4. ウィザードウィンドウが表示されない場合には、以下で開いてください:  Bolt/Wizard;
  5. ウィザードの手順にしたがってください:  1. Photon Cloud証明書を設定します。
    1. 必要なパッケージをすべてインストールします。Coreパッケージは必要なくなりました。
    2. 不明点がある場合には、弊社の Discordコミュニティにご相談ください。
  6. Unityを停止します。;
  7. 以下のファイルを復元します:
    1. Bolt 1.2.5以前のバージョンからアップデートする場合:
      1. Assets/bolt/project.bytes または Assets/bolt/project.xml;
      2. In this case you should also delete the その場合、Assets/Photon/PhotonBolt/project.jsonファイルも 削除 します。AssetsがJSONフォーマットに変換されている可能性があります。
    2. Bolt 1.2.7以降のバージョンからアップデートする場合:   1. Assets/bolt/project.json
    3. Assets/bolt/assemblies/bolt.user.dll;
    4. Assets/bolt/resources/BoltRuntimeSettings.asset;
  8. 以下のファイルを移動します:
    1. Assets/bolt/project.jsonAssets/Photon/PhotonBolt/project.jsonへ移動します。;
    2. Assets/bolt/assemblies/bolt.user.dllAssets/Photon/PhotonBolt/assemblies/bolt.user.dllへ移動します。;
    3. Assets/bolt/resources/BoltRuntimeSettings.assetAssets/Photon/PhotonBolt/resources/BoltRuntimeSettings.assetへ移動します。;
  9. Unityを開き、Boltをコンパイルします。:
    1. Bolt/Compile Assemblyメニューでコンパイルを実行します。
    2. Bolt Assetsウィンドウを開き (Bolt/Assetsメニュー)、アセットがすべて想定通りにあることを確認します。
  10. 以上で Bolt を使用できるようになりました。

Back To Top

Bolt 1.2.0.0~1.2.8へのアップグレード

  1. プロジェクトがバックアップされている点、またソースコントロール(Git、SVN、Hg)にある点を確認してください。
  2. Assets/bolt、およびその他のBoltに関連するファイルを削除します:
    1. Assets/Photon;
    2. Assets/bolt_samples;
    3. Assets/Plugins/;
  3. Asset Storeから最新のBoltパッケージをダウンロードします。
  4. ウィザードウィンドウが表示されない場合には、以下で開いてください: Window/Bolt/Wizard
  5. ウィザードの手順にしたがってください:
    1. Photon Cloud証明書を設定します。
    2. 必要なパッケージをすべてインストールします。Coreパッケージは必ずインストールしてください。
    3. 不明点がある場合には、弊社の Discordコミュニティにご相談ください。
  6. Unityを停止します。
  7. 以下のファイルを復元します。    1. Bolt 1.2.5以前のバージョンからアップデートする場合:    1. Assets/bolt/project.bytes または Assets/bolt/project.xml;     2. Assets/Photon/PhotonBolt/project.jsonファイルも 削除 した場合は、AssetがJSONフ      ォーマットに変換されている可能性があります。
    1. Bolt 1.2.7以降のバージョンからアップデートする場合:Assets/bolt/project.json
    2. Assets/bolt/assemblies/bolt.user.dll;
    3. Assets/bolt/resources/BoltRuntimeSettings.asset;
  8. Unityを開き、Boltをコンパイルします:
    1. Assets/Bolt/Compile Assemblyメニューで、コンパイルを実行してください。
    2. Bolt Assetsウィンドウを開き (Bolt/Assetsメニュー)、アセットが全て想定通りにあることを確認します。想定通りであれば、古いプロジェクトファイル (Assets/bolt/project.bytesまたはAssets/bolt/project.xml)を削除できます。
  9. 以上で Bolt を使用できるようになりました。

Back To Top

Boltの設定とアセットの移行

Boltはすべての設定、ステート、イベントなどをAssets/bolt/project.bytesファイル内(バイナリ形式ではなくテキストモードを使用するよう設定している場合にはAssets/bolt/project.xml内)に保存しています。

新しいプロジェクトに移行するには、このファイルを新しいプロジェクト内の同じ場所にコピーします。これは、Boltデータをチームの他のメンバーと共有する場合にも便利です。

ドキュメントのトップへ戻る