Boltの異なるビルド

Boltは2つの異なるビルド、DEBUGRELEASEから成ります。ここでは、それぞれの利用目的について簡単に説明します。

利用可能なビルド

DEBUG

ゲーム開発の際に用いられるビルドで、RELEASEよりも速度が 非常に 遅くなっています。これはBolt内のコードの全てについてチェックやアサートが入るためです。これにより、何かが正しく行われなかった際、エラーや警告が発せられることとなります。

  • ConsoleDebug Info機能はともに DEBUGでのみ可視化されています。

Back To Top

RELEASE

ゲームのリリース前に最終的なテストを行い、パフォーマンスが充分なものであることを確認するために用いられます。Boltをシャットダウンさせてしまうような致命的なエラー以外は全て無効になっています。RELEASEビルドでは、チェックやアサートは全て無効化されています。

  • RELEASEではConsoleおよびDebug Info機能はともに可視化されていません。
  • RELEASEビルドは、DEBUGビルドよりも2~10倍ほど速度が速くなっています。これは、全てのセーフティチェックが無効になっており、パフォーマンスの違いはゲームによって異なるためです。

DEBUGとRELEASEの切替は、Boltの設定内でどちらを選択するかで設定できます。

Bolt Settings - Build Mode
Bolt設定 - ビルドモード

Back To Top

利用中のビルドの確認

Bolt Assetsウィンドウの下部に、Debug v1.2.0.0Release v1.2.0.0などの表示を確認することができます。Boltの最新バージョン(この例では1.2.0.0の部分)は、他の値となっている場合があります。

Build Mode on Bolt Assets
Boltアセット上のビルドモード

ドキュメントのトップへ戻る