概要

上級のコードベースを使用したチュートリアルの概要について説明します。この上級のコードベースは実行も可能ですし、そこから学習することもできます。 ここでは簡単なTPSのゲームを作成を通してPhoton Boltのほぼ全ての機能に触れていきます。

技術

このチュートリアルで使用する技術は全て、この素晴らしい PolyWorld: Woodland Low Poly Toolkit により作成・提供および実行されています。

PolyWorld: Woodland Low Poly Toolkit
PolyWorld: Woodland Low Poly Toolkit

Back To Top

Bolt SDKを取得

このチュートリアル用にPhoton Boltの最新バージョンのSDKはUnity Asset Storeからダウンロードしてください。このサンプルの最新版を参照したい場合には、弊社の Samples Repositoryからダウンロードしてください。このチュートリアルは、直近ではPhoton Bolt v1.2.9を使用して検証済です。

Back To Top

インストールの準備

まず、 Bolt Basicsチュートリアルに従って設定済みである点を確認してください。このチュートリアルでは、Photon Boltの基本的な挙動が紹介されています。 サンプルパッケージをインポートすると、下図のようプロジェクト階層が表示されます。表示されない場合には、Bolt/WizardメニューでWizardウィンドウを開き、インストールしてください。

新しいUnityプロジェクトを作成して、パッケージをインポートしてください。その後、下図のような階層構造が表示されます。

Bolt package content after first import
 初回インポート後のBoltパッケージコンテンツ

これにより、全ての依存関係とAdvancedサンプルプロジェクトが正しく設定されます。 これらは Assets/samples/AdvancedTutorial フォルダで確認できます。 ここで、このフォルダのコンテンツを参照することが可能です。

  • art: デモで使用する全てのモデルや材料。
  • audio: プレイヤーが使用する効果音。
  • prefabs: プレイヤー、武器、その他の全てのプレハブが含まれます。
  • scenes: ここにはデモで使用するメインのシーンが2つあります。これについては後半で詳しく説明します
  • scripts: ゲームを動かすために使用した全てのコードが格納されます。ここにはBoltの挙動や他のコントローラーも含まれます。
  • shaders: 視覚効果のためのシンプルなシェーダー。
  • thirdparty: ゲームで使用する追加のコンテンツ。

Back To Top

ゲームの実行

この段階で、ゲームの実行に必要な全てのアセットが揃っています。あとはそのアセットの情報を得るためにBoltの設定をしていくだけです。

全てのシーンをビルド設定に追加する

  1. Assets/samples/AdvancedTutorial/scenesフォルダを開きます。
  2. File/Build Settings... メニューを開きます。
  3. MainMenuLevel1シーンをこの順番でドラッグアンドドロップします。 下図のように MainMenu のインデックスが0であることを確認してください。

Configure Build Scenes to make Bolt aware of scenes to load
ロード対象のシーンを認識させるため、Build Sceneを設定

Back To Top

Boltアセットデータベースをビルドする

  1. Assets/Bolt/Compile Assembly メニューを開きます。
  2. このステップでは、内部のストラクチャをビルドします。このストラクチャはシーン内でのオブジェクトの検索、インスタンス化、保管の際に使用されます。 以下のように、出力ログをコンソールで確認できます。

Bolt Compile Assembly console output
Bolt Compile Assembly コンソールの出力

Back To Top

Advancedサンプルの実行

  1. File/Build & Run メニューを開き、Build ボタンをクリックするとゲームのスタンドアロンバージョンがビルドされます。
  2. バイナリファイルを配置するため、コンピューター内のフォルダを選択します。
  3. Save をクリックします。
  4. ゲームが保存されているフォルダを開きゲームのインスタンスを 2つ 実行します。 以下のウィンドウが表示されます。

Standalone Game Build Main Menu
スタンドアロンゲームビルドのメインメニュー

  1. 最初の画面では、まず Server をそれから Level1 を選択します。 ここではサーバープレイヤーが開始され、ゲームに入りプレイの準備をします。
  2. 次のウィンドウでは、Client を選択します。 クライアントとして開始するとPhoton Cloudに接続し、利用可能なセッションがリスト表示されます。 セッション情報とともにJoinボタンをクリックします。

これでゲームの世界に入れるようになりました!

Playing Bolt demonstration game
Boltデモゲームのプレイ中

ゲーム内でコンソールを非表示にする場合は、 Tab キーを押してください。

次章へ>>

ドキュメントのトップへ戻る