This document is about: FUSION 2
SWITCH TO

Overview

Level 4

概要

Advanced KCCは3Dキネマティックキャラクターコントローラアドオンで、プレイヤーの動きとゲーム世界とのインタラクションに重点を置いています。最先端の技術を駆使し、プレイヤーに非常にスムーズなゲーム体験を提供します。 また、事実上無制限のレベルのカスタマイズを提供し、品質に妥協することなく、優れたパフォーマンスと効率で、ゲームのニーズに合わせた完璧なキャラクターコントロールシステムを作成することができます。

このアドオンは、Client/ServerとSharedモードの両方に対応しています。

⚠️ このアドオンは Simple KCC の上級バージョンです。

⚠️ Sample Project から始めることをお勧めします。[Sample Project] はプレイヤーロジック、入力処理を実装し、いくつかのゲームプレイ指向のサンプルを含んでいます。

advanced kcc

特徴

以下のリストには、Simple KCC (🟢) と共通の機能と、Advanced KCC (🟡) 独自の機能が含まれています。

  • 🟢 位置とルック回転(ピッチ+ヨー)のコントロール。
  • 🟢 カプセルベースの物理クエリーとディペネトレーション。
  • 🟢 重力のサポート。
  • 🟢 ジャンプのサポート。
  • 🟢 地上検知。
  • 🟢 継続的な衝突検出(CCD)。
  • 🟢 コライダーのゲームオブジェクトを分離(子ゲームオブジェクトとしてランタイムに作成)。
  • 🟢 子コライダーを無視するサポート。
  • 🟢 ステップ検出と地面スナップ。
  • 🟢 プラットフォーム非依存、モバイルフレンドリー。
  • 🟢 ネットワークとパフォーマンスの最適化。
  • 🟢 プーリング互換。
  • 🟡 移動プラットフォームとレイテンシに依存しないキャラクタースナップをサポート。
  • 🟡 オプションのレンダリング予測により、最高の応答性と動きの精度を実現。
  • 🟡 ダイナミック(物理ライク)とキネマティック(無制約)なベロシティベースの動き。
  • 🟡 加速度、速度、力、インパルスなどの外力をサポート。
  • 🟡 StagesProcessors によるパイプライン駆動で、動きのロジックをモジュール化。
  • 🟡 相互作用のサポート - 手動登録の ModifierCollision ベース。
  • 🟡 ネットワーク上でのKCCプロパティの同期(オプション)。
  • 🟡 高度な衝突と相互作用のフィルタリング - コールバック、衝突無視リスト。
  • 🟡 予測された文字に対する衝突の入力/終了コールバック。
  • 🟡 更新メソッドの自動/手動実行。
  • 🟡 部分実装による拡張可能なデータ構造。
  • 🟡 フレームごとのデバッグのサポート - エディタ描画、ログ。
  • 🟡 パフォーマンス/統計記録とグラフ視覚化のためのユーティリティ。
  • 🟡 移動の加速度と摩擦モデルによる基本環境の実装。
  • 🟡 コメント付きサンプルと、ベーシックからエキスパートまでの難易度のテスト用プレイグラウンド。
  • 🟡 ソースコードへのフルアクセス。

ダウンロード - サンプル

Version Release Date Download
2.0.2 Oct 02, 2023 Fusion Advanced KCC Sample 2.0.2 Build 293

ダウンロード- アドオン

Version Release Date Download
2.0.2 Oct 02, 2023 Fusion Advanced KCC 2.0.2 Build 292

動作環境

  • Unity 2021.3
  • Fusion AppId: サンプルを実行するには、まずPhotonEngine DashboardでFusion AppIdを作成し、Real Time SettingsのApp Id Fusionフィールドに貼り付けます。サンプルプロジェクトの指示に従ってください。

Advanced KCCはいつ使う?

十分に準備されたSample Projectがゲームメカニクスのプロトタイピングを非常に素早く行ってくれるのはさておき、Advanced KCCに切り替える正当な理由がいくつかあります。

  • シンプルなKCCは制限が多すぎる。
  • キャラクターをきめ細かくコントロールする必要がある。
  • eスポーツや低インプットラグをターゲットにする。
  • KCCインタラクションシステムの活用。

⚠️ Simple KCCからの切り替えは簡単なプロセスで、後からでも可能です。

Back to top