This document is about: FUSION 2
SWITCH TO

リージョン

Photon Cloudは、世界中で低レイテンシのゲームを実行するための、グローバルな通信基盤を提供します。 これは、様々なリージョンでサーバーをホスティングすることで実現されています。

利用可能なリージョンは、プロジェクトの運用期間を通じて変わる可能性があります。クライアントは、Photonのネームサーバーから最新のリージョンのリストを取得できます。

各リージョンは、他のリージョンと完全に分離されています。リージョンは、マスターサーバー(マッチメイキング用)とゲームサーバー(ルームのホスト)で構成されます。

photon cloud regions' connect flows
Photon Cloudリージョンへの接続

利用可能なリージョンのリストは、製品ごと(Fusion、Quantum、Chatなど)に異なります。 リージョン許可リストによって、AppIdごとにどのリージョンを利用可能にするかを定義することができます(後述)。

利用可能なリージョン

Photon Cloudは、いくつかのリージョンのサーバーで構成されており、世界中の複数のホスティングセンターに分散しています。 一部のリージョンのサーバーは、特定の製品やクライアントSDKにのみ対応しています。例えば、Fusionは日本リージョンを使用できますが、Chatは使用できません。

Photon Cloudの各リージョンは「リージョントークン」で識別され、大文字小文字を区別しない短い文字列です。例えば、「EU」と「eu」はどちらも有効で、同じヨーロッパリージョンを指します。

利用可能なリージョンとトークンのリスト:

リージョンホスティング場所トークン
アジアシンガポールasia
中国本土 (こちらをご覧ください)上海cn
ヨーロッパアムステルダムeu
香港香港hk
日本東京jp
南米サンパウロsa
韓国ソウルkr
アメリカ(東)ワシントンD.C.us
アメリカ(西)サンノゼusw

Industries Circleには、以下のリージョンがあります。

リージョンホスティング場所トークン
アジアシンガポールasia
ヨーロッパアムステルダムeu
インドチェンナイin
日本東京jp
韓国ソウルkr
アラブ首長国連邦ドバイuae
アメリカ(東)ワシントンD.C.us

リージョン許可リスト

いくつかの理由から、プレイヤーやユーザーが利用可能なリージョンを制限したいことがあります(後述)。 リージョン許可リストによって、アプリケーションごとに、ダッシュボードから有効なリージョンを編集できます。クライアント側の変更は不要です。

ダッシュボードを開き、アプリケーションの「詳細へ」をクリックした後、リージョン許可リストの「編集」をクリックしてください。 すると、許可するリージョンのリストを入力できる入力欄が表示されます。

  • 有効なリージョンはSDKごとに定義されていて、Industries Circleでは異なることがあります
  • 許可リストは、セミコロンで区切られたリージョントークンの文字列(例:"eu;us")です
  • リージョントークンは、大文字と小文字を区別しません
  • 定義されていない/認識できないリージョントークンは、リストから無視されます
  • 空("")または不正な文字列(例:";;;")は、全ての利用可能なリージョンが許可されます

変更(入力後に保存)してから10分以内に、フィルタリングされたリストが、ネームサーバーに接続中のクライアントに送信されるようになります。 クライアント側とのコンフリクトを避けるため、Ping最小値の「ベストリージョン」に接続する、または受信したリージョンリストからリージョンを選択するようにしてください。

リージョンの選択方法

アメリカにいるユーザーは、Photon Cloud USリージョンに接続すれば、レイテンシは最小になります。それだけなら簡単です。

では、世界中にユーザーがいる場合はどうすれば良いでしょう?

その場合は、以下のいずれかを選択できます。

  • a) 様々なPhoton Cloudリージョンにpingを送信し、最適なリージョンをあらかじめクライアントに選択させる(こちらをご覧ください)
  • b) リージョンごとのビルドを配布して、異なる地域のユーザーを異なるPhoton Cloudリージョンに接続させる
  • c) ゲームのUI内で、リージョンをユーザーに選択させる
  • d) 高レイテンシが許容されるゲーム(それほどリアルタイムではないゲーム)なら、全てのユーザーを同一のリージョンに接続させる

Photon Cloudを使用するアプリケーションは、全ての利用可能なリージョンで動作し、追加料金はかかりません。価格プランをご覧ください。

Photon Cloudのダッシュボードでは、各リージョンでのゲームの利用状況をモニタリングでき、簡単にプランをアップグレード/ダウングレードすることができます。

ベストリージョンの検討

「ベストリージョン」オプションは、決定的なものではありません。 リージョンにあまり差がない場合や、まったく同じping計算がされた場合には、「ランダム」になる可能性があります。

理論上は以下の設定が可能です:

  • 同一デバイスから、複数リージョンに対してまったく同じpingを設定します。同じネットワークに接続したクライアント上で異なるリージョンに接続する場合には、ランダムになります。
  • 同じネットワークに接続した異なるデバイス上(または同じデバイス上で異なる試行を実行する)で、同じリージョンに対して異なるping値を設定します。

たとえば、「us」と「usw」(または「ru」と「rue」)の場合、オンラインリージョンの許可リストを使用してリージョンを選択するか、または明示的にリージョンに接続します。

デバッグをおこなうには、ロギングレベルを「情報」に設定し、「現在のベストリージョン」をクリアしてください(PUNの場合:PhotonNetwork.BestRegionSummaryInPreferences = null)。詳細を参照するか、またはメールでログを送信してください。

実行時にリージョンを選択する方法

PhotonAppSettingsまたはコードでリージョンが設定されていない場合、デフォルトでFusionはベストリージョンへの接続を試みます。 これは起動時に処理されて、全ての利用可能なリージョンにpingを送信し、最小pingのリージョンへ接続します。 ベストリージョンは、必ず同じリージョンが選択されるとは限りません。pingが近かったり全く同じpingを返すリージョンが、ランダムに選択されることがあります。

ベストリージョン機能を使用せずに、ランタイムでプレイヤーにリージョンを選択させることも可能です。 プレイヤー同士で共通のリージョンに接続したり、特定のリージョンで遊んでいるフレンドのセッションに参加したりすることができるため、プレイヤー間のpingを下げるのに役立ちます。

リージョンは、NetworkRunnerを実行するのみ選択できます。既に特定のリージョンに接続した後に、リージョンを変えることはできません。 以下のスニペットは、ランタイムでNetworkRunnerから特定のリージョンに接続する方法を示しています。

C#

public class FusionInit : MonoBehaviour {

    // ...

    // Start a NetworkRunner with a Game Mode and connect to the specified Region
    public Task<StartGameResult> StartSimulation(NetworkRunner runner, GameMode gameMode, string region) {

        var appSettings = BuildCustomAppSetting(region);

        return runner.StartGame(new StartGameArgs() {
            // ...
            GameMode = gameMode,
            CustomPhotonAppSettings = appSettings
        });
    }

    private AppSettings BuildCustomAppSetting(string region, string customAppID = null, string appVersion = "1.0.0") {

        var appSettings = PhotonAppSettings.Instance.AppSettings.GetCopy();

        appSettings.UseNameServer = true;
        appSettings.AppVersion = appVersion;

        if (string.IsNullOrEmpty(customAppID) == false) {
            appSettings.AppIdFusion = customAppID;
        }

        if (string.IsNullOrEmpty(region) == false) {
            appSettings.FixedRegion = region.ToLower();
        }

        // If the Region is set to China (CN),
        // the Name Server will be automatically changed to the right one 
        // appSettings.Server = "ns.photonengine.cn";

        return appSettings;
    }
}

中国本土のリージョンを使用

まず、Photonアプリケーション用に、中国本土リージョンへのアクセスをリクエストする必要があります。弊社宛にメールでご連絡ください。お客様のAppID用に解除します。
弊社のウェブサイトから、中国本土リージョンで使用される有償プランに申し込むことはできません。 有償プランの見積りについては、メールでご連絡ください。

ファイアウォールによってトラフィックがブロックされる可能性があるため、中国ローカルのPhotonネームサーバーを使用する必要があります。 中国のPhotonネームサーバーは「ns.photonengine.cn」です。

中国本土外からクライアントに接続しても、良い結果は得られません。 また、Photonサーバーから中国本土外のサーバーへの接続(例:カスタム認証、WebHook、WebRPCなど)の信頼性は高くありません。

重要:現段階では、ダッシュボードでアプリケーションに変更を加えても、中国のアプリケーションのキャッシュに自動的に反映されません。 アップデートをご希望の場合には、弊社宛にメールでご連絡ください。

また、法的な理由から、中国向けには個別のビルドが必要となり、個別のAppIdの使用を推奨します。 例えば、ビルドごとにAppIdやPhotonネームサーバーを変更するために、(任意の)条件コンパイルを使用してください。

中国マーケット用に特別なビルドを作成するには、お使いのクライアントSDKのマニュアルをご覧ください。

Fusion

PhotonAppSettingsの使用

fusion: photonappsettings for china
Fusion:中国用のPhotonAppSettings

コードの使用

C#

public class FusionInit : MonoBehaviour {

    // ...

    async void ConnectToChina()
    {
        var runner = BuildNetworkRunnerInstance();

        // Start new Runner with the Host Migration Token
        var result = await StartSimulation(
            runner,
            GameMode.AutoHostOrClient, // Or any other GameMode
            "cn" // Select China Region
        );

        // Check results as usual
        if (result.Ok == false) {
            Debug.LogWarning(result.ShutdownReason);
        } else {
            Debug.Log("Done");
        }
    }
}
Back to top