登録エラーのケース

自分でホスティングせずにPhoton Cloudを使用する場合には、留意すべきエラーケースがあります。 説明は以下のとおりです。 また実装の詳細については、クライアントプラットフォームSDKに含まれるドキュメントを確認してください。

あらゆる場合において、AppIDと購入プランの確認には Photon Cloudダッシュボードが役立ちます。

認証エラー

以下のエラーは、認証時にクラウドで発生します。 クライアントはすでに接続済みですが、それぞれのゲームはAppIDで識別されます。

Connectを呼ぶと、認証は自動的に完了します。

不明な、またはアーカイブされたAppID

これは、提供されたAppIDがサーバーにとって全く不明な場合に発生します。 入力ミスがないか、また正しいアプリケーションタイプを使用しているかを確認してください。

CCUの上限に到達

「CCUバースト」を含むプランを使用しない限り、クライアントは接続時に認証段階で切断される可能性があります。

影響を受けたクライアントはオペレーションを呼ぶことができません。 ゲームを終了してマスターサーバーに戻ったプレイヤーは、切断してから再接続する点に留意してください。 つまり、こうしたプレイヤーはプレイした後、次の1分間は拒否され、その後再接続することになります。

これは一時的な措置です。 CCUの上限を下回ると、プレイヤーは接続可能となって再びプレイできるようになります。

OpAuthenticateは接続ワークフローの一部ですが、Photon Cloud上でのみこのエラーが発生する可能性があります。 CCUが制限されたライセンスをともなう、セルフホスティングされたPhoton Serverではクライアントはまったく接続されません。

 ドキュメントのトップへ戻る