server | v4 switch to v3  

Photonを5分で開始

Photonのインストールと起動は非常に簡単です。SDKにはすぐに使用できるバイナリが含まれているので、5分で利用を開始できます。 次の動画で、Photonを入手して開始する手順を説明します。

動画の説明とは異なり、ほとんどのクライアント(PUN、LoadBalancing)ではLoadBalancing (MyCloud)設定の起動が必要があり、また使用するためにゲームサーバーIPアドレスを設定しなければなりません。下記を参照してください。

ダウンロードと展開

Photn Server SDKは弊社ウェブサイトのダウンロードページから取得できます。

重要: ダウンロードしたZipファイルを展開する前に、ブロック解除する必要があります。 詳細な手順はこちらのリンクを参照してください。

Server SDKは自己展開で実行されます。このため、含まれる.dllファイルが解凍ツールによって「信頼性がない」とフラグされることがなくなります (インターネットからダウンロード => 好ましくない)。

サーバーパッケージはどこにでも展開できますが、事前に準備した空のフォルダが理想です。展開すると複数のフォルダが作成されます。

「deploy」フォルダにバイナリが含まれます。これはPhotonを起動するのに最低限必要なものです。doclibsrc-server(アプリケーション)フォルダは開発用です。

Photonの起動

「deploy」フォルダにはアプリケーション(基本コンセプトを参照)ごとのフォルダと、「bin」から始まる複数のフォルダが含まれています。以下2つのうちいずれかを開いてください:

  • bin_Win32: Windows Vista以上
  • bin_Win64: 64 bit Windows Vista以上

いずれかのファイルに、実際のPhoton実行可能ファイルがあります。これはコマンドライン引数で開始することができます。また、PhotonControlを使用することもできます。

PhotonControl.exeを起動して、このアプリケーションの管理者権限を確認してください。Photonをサービスとして設定するオプションに必要です。

tray-barアイコンを確認してください(デフォルトでは右下にあります)。白/グレーのアイコンをクリックしてPhotonを管理するメニューを開いてください。Photonインスタンス(下記で説明)からLoadBalancing (MyCloud)を選択して「Start as Application」を実行。これでPhotonを起動できました!

Photon Server Screenshot: Photon Control
Photon Control: アプリケーションとして「LoadBalancing (MyCloud)」を起動

実行するアプリケーションによってはPhotonが操作可能になるまで数秒かかる場合があります。Photon Controlを終了しても、サーバーはシャットダウンされません。

ライセンスを適用するまで、Photonの同時接続数は20に制限されます。詳細は ライセンスページをご確認ください。

Photonインスタンス

Photonは「アプリケーション」をゲームロジックとして実行するよう設計されています。クライアントが出来ること、または出来ないこと(マッチメイキングの際など)を定義します。アプリケーションは様々なタスクに対して協同的に実行されます。

Photonでは、2つのアプリケーション設定がデフォルトで提供されます:

  • LoadBalancing (MyCloud)は推奨される設定です。Photon CloudとPUNに互換性があります。
  • MMO DemoはPhotonにもとづく簡潔なMMOソリューションを提供するアプリケーションです。
「LoadBalancing (MyCloud)」には若干の設定が必要です。デフォルトでは、同じマシン上のクライアントに対してのみ動作します。LoadBalancingの設定方法は以下を参照してください。

LoadBalancing (MyCloud)とゲームサーバーIPの設定

PUNまたは「LoadBalancing API」で処理されるクライアントの場合、LoadBalancing (MyCloud)を開始してください。

実際、この設定は2つの個別のPhotonアプリケーションを起動します。「マスターサーバー」と「ゲームサーバー」です。新しいルームが作成されるとマスターサーバーはゲームサーバーを選択して、クライアントをゲームサーバーに転送します。

デフォルトでは、同じマシン上のクライアントのみがゲームサーバーに到達することができます。あらかじめゲームサーバーIP設定をしないとシミュレーションされたモバイル端末でも失敗し、ルームを作成することはできません。

PhotonControlメニューで「Game Server IP Config」を選択します。「パブリック」または「ローカル」としてホストマシンのIPアドレスがリスト表示されます。これらのうち1つを選択します。

「Autodetect public」エントリーによって、Photon起動時にサーバーはパブリックインターネットIPを検出します。

ローカルIPを使用すると、同じローカルネットワーク内のクライアントのみが接続可能です。プレイヤーがインターネットから接続してゲームに参加するには、パブリックIPを使用する必要があります。

サーバーがLAN上にあってクライアントがWiFiを使用する場合、これらは別のネットワーク上にある可能性があります。クライアントがサーバーに接続できない場合、ルーターがWiFiとLANの接続を許可しているか確認してください。すべてのデバイスが同じIP範囲にあることを確認してください。

静的なものでない限り、IPは変更される可能性があるため注意してください。

ローカルネットワークIPでもパブリックIPでも、ファイヤーウォール、ルーター、スイッチの設定が必要です。ハードウェアやソフトウェアの種類は多岐にわたるため、残念ながら弊社はサポートを提供できません。最も簡単な設定では、複数のテストマシンが同じスイッチ/ルーターで接続されます。

ゲームサーバーIPアドレスは"Photon.LoadBalancing.dll.config"と呼ばれるファイルに保存されます。このファイルは手動で変更が可能です。

テストクライアントを起動

サーバーSDKには、複数のクライアントをシミュレーションして負荷を発生させるテストクライアントが含まれています。 このテストクライアントは、PhotonControlメニューから起動することができます。開始したアプリケーション設定である「Run test client」の最後のメニュー項目です。

テストクライアントは単純なコンソールアプリケーションで、数名のプレイヤーが参加するクライアントセッションやゲームをシミュレーションするのに使用します。

Photon Server Screenshot: Test Client
Photon Serverのスクリーンショット:テストクライアント

ライセンス情報

PhotonControlは起動時に.licenseファイルのいくつかの値を読み込みます。メニューからCCUや有効期限などを確認するには、メニューの「License Info」を選択してください。 .licenseファイルを置き換えた場合、新しい値を取得するためPhotonControlを再起動する必要があります。

サーバーログには、ライセンスに不可欠な値も含まれます。

詳細情報は ライセンス ページを参照してください。新規に追加するには、このガイドの手順にしたがってください。

 ドキュメントのトップへ戻る